dir

 高齢化社会が加速しつつある今、そして核家族化が進行している日本では、昔のように老後の面倒を子供に見てもらう、そんな生活スタイルが当たり前ではなくなってきました。また、独身率も増加し、現在の生涯独身率は15%前後、離婚も増えてきています。現在、日本の高齢者世帯数は増え続け、全体の2割ほどが高齢者のみの世帯になっています。高齢者の独り暮らしは増えているのです。高齢者の世帯構成は、一人暮らしか夫婦二人だけという高齢者のみの世帯が、半数近くなのです。
 となると、考えなければいけないのが、老後の住まいをどうするか、という事です。選択は、高齢者世帯で自立して生活するか、子世帯や孫世帯との同居か、もしくは老人ホームに住むかになるでしょう。このサイトでは、第3の選択、老人ホームについて詳しくみていきます。
老人ホームと一口にいっても、多くの種類があり、また料金体系も複雑です。もっとも比較の対象として分かりやすい、入居一時金と月額利用料だけではどんなサービスが受けられるのか、具体的にどのくらいお金がかかるのかも分かりません。また、身体の状態、介護が必要かどうかや、自炊をするかどうかでも選ぶべき老人ホームは異なります。老人ホームを選ぶ前に、知らなければいけないことは多いのです。老人ホームを選ぶ前に知っておくべきこと、選ぶ前に考えておくべきことを紹介していきます。